• 看護師になるには

      看護師は医療の現場で活躍する仕事なので、その役割は非常に重要です。患者さんに対して間違いが起こらないように、看護師になるには国家試験に通らないといけません。 看護師の資格 しかしそれより前に看護の専門学校や看護学科のある四年生の大学で専門知識を学び、看護師の国家試験の受験資格を取らなければいけません。 学校の主な選択肢としては、看護専門学校、四年制大学看護学科のほか、中学卒業後そのまま高等学校で五年コースを学ぶルートがあります。ほかに准看護師免許を取る方法もあります。 ストレートで看護師になるためには、高校卒業後専門学校か四年制大学の看護学科にいくか、中学卒業後5年コースに行き専門知識を身に着けて看護師の国家試験を受け、合格する必要があります。
    • 看護師の再就職情報

      看護師の再就職について 看護師は他の職業に比べて女性が多いので、妊娠出産を機に休職したり退職したりする人も多いです。退職した場合、せっかく四年制大学や専門学校で専門知識を身に着けてもそれを活用できなくなってしまいます。 看護師は人手不足もあって引く手あまたといわれますが、再就職は案外難しいそうです。そこでこの記事では看護師の再就職に役に立つような情報を紹介していきます。 再就職の交渉 再就職をする看護師は、はじめて看護師に就職する人たちよりも少ないので現場は対応に困りがちです。再就職の際は何かと交渉が必要でしょう。 就職・転職支援・あっせんサービスを使うのもよいですが、昔のつてを頼ったり直接交渉するほうがスムーズにいくかもしれません。
    • 看護師になるための参考書

      看護師になるためには、様々な知識を広く深く身につけなけれななりません。 それらの知識を身に着けて看護師になるには、どのようなことをしたらいいのでしょうか。 看護師になるには何が必要? 看護師になるにはまず看護師の国家試験に受からないといけませんよね。 そのためにはやはりさまざまな勉強や、実習が必要になってきます。いくら知識を身に着けても、実践がないとその知識が役に立たないのはちょっと考えればわかりますよね。 でももちろん知識も重要です。ネットの知識では補いきれないこともたくあんあります。そんな時はやはり本を読むのが一番です。 このサイトでは看護師の勉強に役立つ参考書をいくつか紹介しているので、一見の価値があるでしょう。
    • 看護師情報ポータル

      看護師サポート情報ポータル 看護に興味のある読者の皆さん、看護師になりたい学生さんや現場で働く看護師の皆さん、こんにちは。 看護師と呼ばれる仕事は夜勤でいそがしかったり、人の死に日々直面することも少なくない大変な仕事ですが、その分、他の仕事以上のやりがいや達成感にあふれています。 そのような看護にかかわる人たちの毎日の暮らしを少しでも良くすることができるようなコンテンツを日々配信していきます。 このサイトで扱う内容 このサイトでは看護師に関する基本的な情報から、勉強に役に立つ情報、就職転職に役に立つ情報まで幅広く扱っています。たとえば看護資格の取得に役立つ最新のウェブサービスや、看護師の就職・転職に役に立つウェブサービスを紹介した記事があります。
    • 看護師に役立つサイト

      看護師に役立つサイト この記事では看護師に役立つウェブサイトを学習・就職・転職&キャリアアップの面で紹介していきます。 学習 まず最初に学習に役立つサイトを紹介します。看護の勉強をするならハテナースという看護情報サイトがおすすめです。基本的なことから応用まで丁寧に解説しています。 就職 看護師の就職に使えるウェブサイトは「看護師 求人」と調べればいくつも出てきます。就活支援サイトを選ぶときにおすすめなのは看護現場の様子を実際に体験できるようサポートしているサイトです。 転職 看護師に転職するパターンと看護師から転職するパターンの二つがありますが、前者は看護師に特化したウェブサイト(ナース人材バンク)を、後者はdodaなどの転職あっせんサービスを使うのをお勧めします。
    • 看護キャリア役立ち情報

      看護師のキャリアアップに役立つ情報サイト 看護師になろうと思っている学生の皆さん、看護師でキャリアアップを目指そうと思っている皆さん、看護師にはより専門性の高い知識をもっていてより権限の与えられた資格があることをご存知ですか? その資格は、専門看護師、認定看護師、認定看護管理者、特定行為看護者といいます。そのほかにもケアマネージャーや臨床心理士のように看護の現場で役立つ資格がいくつもあります。 資格取得に役立つウェブサイトはある? 看護の資格取得に役立つウェブサイトはあるんでしょうか。答えはイエスです。 Udemyというサイトでは看護師の資格を取った専門家の講師にアドバイスをもらったり資格勉強をサポートしてもらったりすることができます。類似しているSchooというサイトもあります。
    • 変化する看護現場

      日本国政府は平成20年のインドネシアを皮切りに、フィリピン、ベトナムと立て続けに日本への外国人看護師、介護福祉士候補者受け入れのための連携協定を結びました。そして平成30年8月末時点で5,600人もの候補者を既に受け入れたとのことです(厚生労働省HPより引用)。 外国人と共に働くということ これによって今後看護、介護現場で外国人が働くようになると予想されます。それはつまり同じ文化、価値観を共有しない人と、同じ職場で働かなければいけない事を意味するわけです。それがどのような事態を引き起こすかはこれから明らかになってくるわけですが、少なくとも現場に何らかの変化が生じるのは間違いありません。その変化に対応するための心構えを、現場のみなさんは準備する必要があるのかもしれません。
    • 看護師の求人は多い?

      看護師の求人ってどれくらいある? 看護師の勉強をしようと思った際に気になることとして、「資格を取ったらちゃんと仕事が見つかるのか」というのがあります。高い学費を払っても仕事がないんだったら嫌ですよね。 そこでこの記事では、看護師の求人が実際どうなっているのかについてご紹介します。 看護師の求人の概要 看護師という仕事は多忙なだけあり、その分需要も多く求人数はたくさんあります。看護師人材に限りませんが、多忙な仕事というのは総じて需要も求人も多いということは真実のようです。 看護師はやりがいがある一方で忙しさもあり、そのため雇う側もいろいろ困っているようです。このような求人サービスもあるようですね。
    • おすすめの看護学校

      おすすめの看護学校 看護師になるには専門知識を学べる学校に行って勉強をして、看護師の国家試験の受験資格を取得しなければなりません。 そんなとき気になるのが「どの学校に行くのが一番いいのか」ということです。数年間学ぶことになるわけですからお金も時間もかかります。心配になることはたくさんありますよね。 3つの安心の看護学校 国内にはたくさんの看護学校や看護学科ありますが、おすすめな看護学校は国立看護大学校です。まず第一に国立学校のため学費が安く抑えられること、次に実習の質が高いのでちゃんと知識と技術を身に着けられること、最後に就職のサポート・斡旋が安定していること。以上のような3つの安心があるので国立看護学校は看護の道を目指す人におすすめです。
    • 看護師サポート情報まとめ

      看護師サポート情報まとめ 看護師の仕事はとても大変といわれていますよね。夜勤があったり、時には人の死に直面することも少なくありません。でもその分、他の仕事以上のやりがいにあふれています。 このサイトについて このサイトの読者は看護師になろうと思っている学生さん、看護師になりたての看護師の卵の人たち、看護師の仕事にも慣れてきたけど、忙しい仕事が大変でちょっと一息つきたいベテランの看護師の皆さんのために、看護師になるための勉強や、看護になってからの勉強に関する情報や、看護師になってからの職場選びや転職、キャリアアップに関する情報を紹介していきたいと思います。