看護師になるには

看護師は医療の現場で活躍する仕事なので、その役割は非常に重要です。患者さんに対して間違いが起こらないように、看護師になるには国家試験に通らないといけません。

看護師の資格

しかしそれより前に看護の専門学校や看護学科のある四年生の大学で専門知識を学び、看護師の国家試験の受験資格を取らなければいけません。

学校の主な選択肢としては、看護専門学校、四年制大学看護学科のほか、中学卒業後そのまま高等学校で五年コースを学ぶルートがあります。ほかに准看護師免許を取る方法もあります。

ストレートで看護師になるためには、高校卒業後専門学校か四年制大学の看護学科にいくか、中学卒業後5年コースに行き専門知識を身に着けて看護師の国家試験を受け、合格する必要があります。